FC2ブログ

Final Fantasy XI Screen Shot Diary

赤く染まりつつある、メインナイトのヴァナ紀行('Д')
貯めに貯めたものを
本文行く前に前日なので最終告知。

第二回セルビナ警備隊 ユニコーンの集い
決行日:9/1(木)21:00~
準備物:輝く笑顔と少しのネタ
内容:セルビナ周辺の警備。個々の交流。10人くらいは確実に来るかと。


警備隊の更なる詳細は視線を右にしてそのまま下ろしていったらあったでしょ?w
主催者はくほりん
他鯖参加も全然OKですが、ここじゃ既に発行間に合わないと思うので僅かな可能性でくほりんのとこへ。

さーって、明日は頑張るぞーっと。

レベリングが無いと寂s(ry

そうでもないですw
今日は貯めに貯めた水・炎クリスタルを合成で消費しようと言う魂胆です。

まず、現在いるのは魚汁ゾーン(あ、調理ですw)
魚汁:水クリ+バストアサーディンx4
私の中では通称フィッシュジュース
MPドンドン減っていくはずです、飲 め た な ら

とりあえず、競売は何処もふざけてる値段のバストアサーディン。
と言うわけで、明日の舞台となるセルビナへ一足早く行ってみた。
ここの釣りギルドで調理スキルを上げる

案の定ウィンギルドよりマイナーなので誰もいない。
バストアサーディンも安いので大量購入で搾る。
あっという間にキャップと言うか節目と言うか魚汁の個人的な限界にきたので止める。
丁度ギルドも閉まって良かった、良かった。


母国サンドで次はパイ生地作り。
パイ生地:水クリ+セルビナバター+岩塩+サンドリア小麦粉
ちなみにこれで4つ出来ます。
バターは自分で作る。
セルビナで買う(と言うか売ってたの忘れてた;)の忘れてたのでバスにいたセイルに2D頼んだ。
程なく届いたのでまずはバター作り。
セルビナバター:氷クリ+セルビナミルク+岩塩

1個目からHQ2なんて予想外
いきなり9個出来ちゃったよ(ノ∀`)
そのままガリガリ固めてとりあえず2D。
まだミルク1D+7個あるんですけど!
忘れてた。NQでもミルク1個でバター4個出来るのorz
そこからパイ生地をキャップまで作るんですが・・・・

しばらくしたら持てなくなりました♪
結果グルグル混ぜてパイ生地20Dくらいできたっぽ。
こんないっぱいどうすんねん・・・
あ、途中でウィン行って名取になってきました。

でも、■eは少しは考えてた。
少し進むとアップルパイが作れるじゃないか!!
アップルパイ:炎クリ+パイ生地+シナモン+妖精のリンゴ+メープルシュガー+トカゲor鳥の卵
少し前に大量に作ったメープルシュガーが役に立つぞ!
そこで白パン作って僅かなスキルを埋めようかと。
白パン:炎クリ+サンドリア小麦粉+岩塩+蒸留水+セルビナバター+蜂蜜

・・・・・・・・・・蜂蜜高ッ!!

1D5000はダメだぁー
無駄にハチミツ博士になるんじゃなかった・・・

と言うわけで、あっさりとサポなしアップルパイを諦めて上級つけてやろうかと。
OPワープ!


アップルパイ、これはこれで材料多くてきつい物が・・・
ただでさえ倉庫手持ち共にパイ生地orメープルシュガーでいっぱいなのに。
でも、つべこべ言っても仕方が無いので作るぞコラー

結構な確率で顔面にクリスタルの破h(ry
それはそうと。作ってわかった。


アップルパイも4個出来るのねorz
よーっし!単純に計算してみようか(割れずにNQとして)

ミルク2Dx4=バター96
バター96x4=生地384
生地384x4=パイ1536



・・・・・・・・・・・・・











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






















私にどうしろと?^^^^^
全部喰えと?
虫歯にする気かっ!

完 全 予 想 外

まさかx4が3連族であるとは。
そんだけ作ればアップルパイ絶対キャップいくよね。
と言うか、昇格試験アップルパイだし。
ギルドで作ってるし、認めてくれてもいいのでは?
まあ、一応自己消費しますけどね。

後衛やるときにでも何の躊躇いも無く食べます。


あ、あと明日よりこの2記事制度は当分無いと思いますぞ。
わかる人はわかるけどね。注目は明日は何日か!です。
土日とかは二つ書くかもだけど。
ちなみにフェロー・通常で交代でやります。
どっちか無ければ連続で片方の可能性もあるけど。

明日はどっちするかわかりますね?
分からない人は折りたたみっぽいやつの前に戻って節穴になるまで見てください♪
スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.