FC2ブログ

Final Fantasy XI Screen Shot Diary

赤く染まりつつある、メインナイトのヴァナ紀行('Д')
今日はこれだけじゃ終わらない!量が多いので2分割!(前半は↓)
あまりにも後半の量が多くなりそうなので、2分割します。
前半読んでない方は後半読まないように慎重にスクロール下げて、下へ!!

本日AM1:00頃(遅)
LSメンバーとその知り合いと思われる方1名のフルPTでプロマシアミッション行きました!!
やった、やった♪
初プロミヴォン。緊張します。
ちなみにメンバー紹介致しまっしょう。

ナ:ご存知シルバ。
戦:LSメンバーで、フェイスタイプ(サイズは1つ上)、装備、メインジョブ同じと言う何とも凄いLaid(レイド)さん。
戦:今回の主催者(?)でありLSメンバーのDeard(ディード)さん。
ちなみに以上の3名。エルヴァーンでメインジョブナイトです。
白:少し前のでも紹介したLSメンバーセイル。
白:唯一LSメンバーでは無いのですが、中々面白い方です^^Surina(スリナ)さん。
黒:LSメンバーでメイン竜騎士なのに色んなジョブ使えると言うことで黒魔導士にwDebon(デボン)さん。
以上の3名は上からヒューム、タルタル、ガルカです。
後ミスラがいれば全種族だったのに・・・

何はともあれ、今日はプロミヴォン-デムに行くようです。
その前にハイポーション大量に頂いていますので準備万端。
いざ、突入!!
silveff11ss89s.jpg

うわー、恐い((((゚д゚;))))
虚ろなるものって言う何かキモカワイイモンスターがウロチョロしてます。
絡まれたら怖いなぁ、と思いつつも、しっかり雰囲気堪能。
ここは4(もしかしたら5)階層になってるようで、変な球体倒して移動するようです。
その途中にちょいとパシャリ。
silveff11ss90s.jpg

こんな廃屋の村ありそだなぁ、と思いつつもドンドン進むメンバー達w
ちょいと絡まれたようで、チビ球体と戦闘。
silveff11ss91s.jpg

このまま順調に行ってたんですが、3か4階層くらいで物凄いデカイのに絡まれて死にました;
あ、ちなみに全滅ね。
でも、スリナさんがリレイズリング持っていたので死ぬ直前に自分にリレイズかけておりました^^
球体が逃げた所を見計らって、復活。
まぁ、その後又死んじゃったのですが^^;
またリレイズかけておいたので無問題。
タルタルだったのでどうにかMP足りてPT全員にレイズ。
このお陰でかなり慎重に進んで行きました。
で、着いたようです♪
silveff11ss92s.jpg

ここらからでしょうか。私が武者震いしだしたのw
コントローラー握れねぇw
最初はENMとか言うちょと強い奴(?)
これで運が良ければ100万とかのアイテム、ドバーらしいです。
でも、何か物凄い攻撃されて、レイドさんがー!!!
私も奮闘したんですが、お陀仏です;;
と言うか全滅
これまたスリナさんのお陰で終了後に生き返ったのでセーフ^^;
ENMは失敗したら外に出されるのです(↑の広場)
その後、ENMは5日後まで無理だそうで、次はプロマシアの奴行くそうです。
綿密に計画立てて、いざ参らん!!!
実はENMとプロの奴は見た目一緒です。
と言うわけで、ENMのをここで活用w
silveff11ss93s.jpg

今回はレイドさんをしっかり守って(と言うか、ディードさんとレイドさん空蝉使えるので、ナイト出番なし;;)頑張りました。
結果勝利!!やったー!
終了後見ると私・・・ノーダメじゃないかorz
ある意味、役立たず・・・
MP消費0(あ、でもこれはヘイト稼いだら危ないと言う事で自粛しました)
結構興奮しますねぇ~これ。まさにエキサイト
来週も時間があればメア行くそうです。
楽しみ楽しみ♪


後、これはネットで見つけたんですが。
FF11の心温まるノンフィクションストーリーを投稿するサイトがあるんですね。
ここである、1つの話を見つけたんですが。
ヤバイ、感動。私の頬を涙が伝いました^^;
私にヴァナの忘れていた何かを思い出させてくれた気がします。
元のストーリーはこれhttp://www.iris.dti.ne.jp/~syu/ff11goodstory12.htm
これのフラッシュバージョンはこれhttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Domino/6394/
ストーリー読んでから、フラッシュ見ることをオススメします(フラッシュ音有り)
やった事無い人には少し分からないかもしれないけど、やった事ある人は感動できます。
スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.