FC2ブログ

Final Fantasy XI Screen Shot Diary

赤く染まりつつある、メインナイトのヴァナ紀行('Д')
呪縛ほどけるとき
昨日、PM最後の最後。
イベント巡りをしてきました。
もう全てがネタバレな気がするので畳むw

最初は南サンドにてルーヴランス編~悠久の名を求め~
ヒナリー夫人の所に駆け込んできたルーヴランスだったけど、血相を変えて人を探してた。
ウルガランまで来いとの伝言を伝えウルガランに。

そこでルーヴランスVSルーヴランスの意味不明な対決

そのイベも終わり戻ると先ほどの僧侶が話をつらつら話し始めた。
まあ終わった今でも完全には理解してないんだけど。
今までルーヴランスに変装してたヤツと一緒にいたと?
変装してた奴はレヴメルのどうたらこうたらだとか。
正直これがかなり、謎ですw
ちゃんと分かった人教えてくださいヽ(;´Д`)ノ


次はシドに会ってテンゼン編~さらばでござる~
天晶堂の力を借りて、ひんがしの国へ戻るらしい
まあ来る時も天晶堂のお陰だったけどね。
ひんがしの虚ろが消えたので、テンゼンに戻ってきて欲しいとの通達。
切腹しようとするテンゼンの横に影武者的な女の人(武士道とは前に出てきた人)が出てきてテンゼンを殺すなら私を!的なまさに武士道だねぇw
そしてテンゼンは迎えが来たのでひんがしの国へ帰っていきました。
アトルガンじゃないのか?w
アトルガンでPM終了条件でテンゼンクエとか出てきそうなw


次はデムからグスゲンへ向かい旧市街でジャボス編~澪標~
プロマシアのことを話させようとしてモブリンたちがジャボスを閉じ込めて・・・
本当のことを言うべきか。男神の子供は人間だと。
アルタナ、プロマシアの間に生まれたのが人間だと。
そして本当のことを話し、モブリンたちは受け入れてくれた。
でも何か方向違いで受け入れているらしい。
モブリンには女がいるからプロマシアの子供ってのはおかしいとおもっていたらしい。どこかに母親がいるはずだと。
これからいくら時間がかかるかは、分からない。
けれど少しずつ男神のことを説明していくらしいです。


次はマウラでスカリー編~メーガスの名は永遠に~
Zはここから本国へ帰るらしい。
今まではこんな事はなかったのに、何か物寂しいとかなんとか。
自分達と行動を共にしてきて様々なことが分かった。
ミルドリオン、プリッシュの罪、世界の終わりに来る者その全てが終わった今。
これを包み隠さず女王に報告しなければいけない
そして、Zは罪狩りの名を捨てる。
罪を狩るだけではない、それ以外の正義を見つけた。
自分の中にあった正義を知ってしまった。
次会った時は本当の名で呼んでほしい。
X、Yにはまだ分からないかもしれない。
けれど分かってくれとは言わない。
Zが罪狩りを止めても、2人にとって姉には違いない。
一生の姉。それは紛れも無い。


書いてくると勝手にナレーター風とか小説風になるのは文章書くときの癖ですよ、癖w
雰囲気出す為です、はいw


最後にウィン港とビビキープルゴノルゴ島にてチェブキー編~究極魔法の起源~
ウィン港でお笑いショーをして面白くなさ過ぎて島流しを喰らったチェブキーズ。
様子を見に一路プルゴノルゴ島へ

プルゴノルゴでも懲りずに黒マンドラゴラ相手に漫才をしていた。
面白無さに呆れると、とうとうあの究極魔法を・・・w
【メテオ】【やったー!!】
見事に喰らったと思いきや島に住む謎のタルタル再び登場。
全くメテオに動じない。
妻から完全なメテオを何百回も喰らってるらしい。
チェブキーズも母親譲りのメテオで対抗。
そして、気が付いた。
このメテオは間違いなく母親の放った物だった。
3人の父親がそこにいた。
しばらくは4人で仲良くここで暮らすらしい。
命を狙われる身でもあるから、油断も禁物らしいのだ。


最後はミルドリオン(エシャンタール)・ウルミア・プリッシュ共通タイトル~呪縛ほどけるとき~
上層酒場に呼び出されて向かったそこにはミルドリオンがいた。
飛竜の大群は急に態度を翻し遠くの空へ去っていった。
どう言うことなのだ?ミルドリオンに問いただされ今まであった事を包み隠さず言った。
全てを把握し、全てを照らし合わし、あの時イヴノイルは全てを悟っていたのだと気が付いた。
人間は男神の子なのだと。
そしてイヴノイルはアルタナの顔を見た事があった。
様々に思い出される過去。
世界の終わりに来るものは去った。しかし、虚ろなる闇はまだ消えてない。
ナグモラーダが消えた今は現代人・古代人全ての力が必要とされている。
そしてこれだけは分かっていて欲しい。
貴方は何の犠牲も出さずに世界と人を救ったのだと。
そして、毎回そのような道が用意されているわけではない事を。


タブナジア地下壕で待っていたのはプリッシュとウルミア
地下壕は平和になり、ジュノからも支援も来た。
ナグモラーダのときよりずっといい方向へ進んでいる。
デスパシエールも張り切ってミザレオ・ルフェーゼの敵を一掃し畑を作るそうだ。
いつになるかは分からないが、リヴェーヌにも村を復興したい。
広がり続ける未来予想図。
プリッシュは勉強して大聖堂の司祭にならなければいけない。
その一言を言われプリッシュは修行をしにいくと出て行ってしまった。
こんな活気が戻ったのもみんな貴方のおかげだとウルミアが。
もしよければ地下壕の復興に協力してほしい。
本当にありがとう、と。


ルフェーゼ野。タブナジアの見える丘でプリッシュは待っていた。
あそこに見えるのがタブナジア地下壕。「世界の終わりに来るもの」が落ちた場所。
今まではこんな気持ちは無かった。どうしてだろうか、胸が痛い。
何故だ?どうしてだ?今までどんなものになんと言われようとこんな事にはならなかった。
どうしてお前の心が読めない。
ふと、気が付くと胸の魔晶石がなくなっていた。
そうか、これがなくなったから。人間になったから。
心も読めないし、こんなに苦しくなったのか。
人間っていいものだ。悲しいけど嬉しい。辛いけど幸せ。
今だから言える。ありがとう。


そして最後に回線速度・ステータス表示・ログボックス全てが消えた状態で歌付きのエンディング。
これは本当に良かった。
長くて、壮大なストーリーを描いたプロマシアの呪縛の最後にはとても良かった。
全てを物語るような構成のエンディングでした。
これだけは自分の目で確かめて欲しいw
見たとき中の人目から汗が出そうでした(ノ∀`)
オススメは「メーガスの名は永遠に」「呪縛ほどけるとき」

虚ろなる闇に涙する者。
この称号もなんかとても良かったです(´・ω・`)

本当に簡潔を迎えたプロマシアの呪縛。
やっと終わったー!!
とか思ってても来週アトルガンの秘宝出ますy

こっちはどうなるんだろうかーw
ではみなさん、またアトルガンで語らいましょう。
スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
くーーおめでとうございます!!
いいな、いいな、とこれしか言ってないような(・ω・)

戦士67になったので また組めますね^^b
2006/04/13(木) 08:38:52 | URL | ちゃむ #-[ 編集]
Σ('Д')熱で死んでる間にCOMMENTが

ありがとございますー!
もう私もこれしか言ってないような(/ω\)
進めましょう、進めましょう。進めて損はさせませんw

おお、また組みましょうか('∀')ノシ
2006/04/18(火) 13:41:21 | URL | シルバ #IUDLvDjM[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.