FC2ブログ

Final Fantasy XI Screen Shot Diary

赤く染まりつつある、メインナイトのヴァナ紀行('Д')
迎え火・ゐぬる場所
リアルが色々あったり、FFで色々あったり。
何書くんだったけ?そう思ってログ確認してたよ(;´∀`)コンバンハ


そうだ、PMです。PMの報告でs
回線切れたり、繋がったり忙しいな全く。


もうカテゴリー:ミッション=ネタバレです。ハイw

えーっと、何日だったかな。
確か木曜日に迎え火行って来たのです。
ええ、前回敗退したメンバーで試行錯誤して三度目の正直です。


前回の敗退は心なしか砕氷の時間が前回より早かったのが原因かと。
時間が同じだったとしたら古代数発+フロウがレジられた事だろうねw









更に言うと私がウィズイン撃ち損じた事です(´・ω・`)許してください







今回はちゃんとウィズイン打ちます、ハイ(⊃Д`)
塩は私だけが使う予定だったんだけど、黒さんが持ってきているようなのでそれも使う事に。
構成は前回同様 ナ詩召黒黒黒
細かく言うと確か ナ/戦 詩/白 召/白 黒/白 黒/赤 黒/赤 だったような。
最終的に決まった作戦はこちら



突入後真空・大地・プロシェII(ナは自己プロシェIII)・ソウルバラバラでエチュードを黒の誰かに入れる。

開幕印バーストx3で感知して寄って来たら挑発でタゲ取りをして雷スレを入れる。

挑発から少し遅れて(決めれるなら遅れる必要も無いとは思うが、念のため)事前に出しておいたラムウでジャッジボルト。

現在タゲ取ってるのはラムウかと思われます。

バースト着弾して黒さんは塩。黒にタゲいってるはずなのでインビンで戻す。

バースト後残りの黒はサンダーII(III?)を入れる。

撃ち終わったらフレアに。ここで黒さんは塩使い終わってるはずなのでフレアx3。炎スレを忘れずに。

塩払いきったらナが塩使う。適当な場所でイカロスウィズイン。

あとは黒さんが削りきってもらいます。リキャ来たらもちろんジャッジボルトも忘れずに




まあこんな感じです。
結構綿密に立てたんじゃない?w
ちなみに言うと本当に2h全開じゃないと勝てないので出し惜しみは止めましょう。
負けたらですね、、、、2hは待っていただかないと(´Д`)


結果報告とすれば







勝ったぜーヽ(`Д´)ノ






結構ギリでしたw
作戦とほぼ同じように進みました。本当は作戦はおおまかに決めて後は臨機応変に個人の判断だったなんて言えないよ。
インビン後に詩人さんがイカロスウィズインしたしねw

やった感じだと、予定外で塩2個使いましたが塩2個じゃないと負けてたかと。
最後の振り払った時点で既にかなり大きかったので多分最低2個じゃない無理かなぁ・・・、と。

前方範囲で後衛ほぼ即死(大地で多少は耐えれるが)なので道連れ起こさないように黒は散って詠唱してました。
あとはフレアで持っていかれたが、それまでインビンでタゲ保守できた事かな?
古代>古代だと間違いなくタゲ戻せないので、古代>精霊II(III?)ってのも良かった気が。
キーポイントは後衛を殺さない事(まあ今回で言う火力源でs)ですかね。


と言うわけで面倒なみっつの道が終わりまして6章に入りました。
6章での戦闘は2つのみ。

ゐぬる場所。そして畏れよ、我を

キタコレ!PM最難関。ナ盾最難関と呼ばれるBC
一応ウニ鯖にも(知り合いではないが)他鯖にもナ盾でクリアした猛者はいるのですがね。
どうもコレは忍者優勢のようだ。調べていく内に更にそう思うようになったよw

ナ盾でいってもいいんだけど(もちろん薬品漬けで)一緒に進めてるリアフレが絶対ナイトで来るなと釘を刺してきた(´Д`)
予定は今育成中の赤で。

そんな中、迎え火翌日にゐぬる場所行ってきましたw


イベント見てミザレオI-10だったかな。その辺で球x3と戦闘。
球ってのはアレです、アビタウとか、ルガノンにいるアレ。
ナ赤75召63でいきましょうk


調べた瞬間リアフレ死亡w
ナ赤で二人で戦闘になりました。

まあ勝ちましたがね(´ー`)y-~
レイズしてもらうので残り一体はほぼ私一人で倒してたしw



その後にまた庭でイベント。














な、なんだttー!!11!














エシャンタール=ミルドリオン様ですk













その後FF11OPに出てきた姉さんに会いにセルビナ行って色々と見えてきました。
何か面白くなってきたーww



というわけで次畏れよ、我をですorz

霧が濃くて前が見えない(⊃Д⊂)
スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.