FC2ブログ

Final Fantasy XI Screen Shot Diary

赤く染まりつつある、メインナイトのヴァナ紀行('Д')
秘めた破片【片手剣潜在WSクエスト】
8時間寝ましたこんにちは。

先日回線直ってPT行って71になったと言う事でトライアル武器もいただき【準備完了!】って訳です。
意外と待ってみるとスキラゲシャウト見ないもんです。
そんな中一昨日は奥修道窟にて潜在消ししてたんですがSS撮り忘れてた(ノ∀`)テンパってたんです
で、ストンガIIも流れてきちゃうわけで、更にテンパった(ウニ鯖では20まーん)

昨日はお空に久しく行ってきました

インしてすぐにお空でスキラゲシャウトが!

こりゃいくしかねーよ

何故かと言うとですね。昨日の奥修道窟でLv3を45回(数えてたんだyp)してたんです。
潜在はLv3を60回で消えるんですね、はい。(合計300pで単発-1pLv1-2(?)pLv2-3pLv3-5p)
と言うわけで、もう潜在抹消あと僅かなわけです。
意外とすぐできるもんですね、Lv3さえアレバ(両手棍はLv2まで。片手棍は白のみLv3までで以外はLv2までですが)

空に行くなり何処に行きゃーいいんですか!?

















ええ、迷いましたとも
リダに戻ってきてもらって丁寧な説明受けてどうにか到着。
獲物はもちろん光エレです!

塊来たらいいなぁー、とか思ってたんですが終盤まで流れてこなかtt
2時間ほどいたんですが、前半で見事に潜在消滅。
残りの1時間で両手棍握ってたんですが・・・・
スシ喰っても当たらねぇwwwwww
そりゃ、コレとてとてだし。つまり全武器キャップまで運べるわけでw
そりゃ低い両手棍じゃ当たらないね。地上で修行積みます【ごめんなさい】
ちなみに奇跡的に1上がりましt



地上に戻りクリルラにトレードして修行の地図(σ'∀')σ
これでNMんとこ行けばpopして倒して修行の書を取ればいいのです。
まあ一人で行けるもんじゃないですがww

シャウト無いかなぁー、と待つ事多分3時間強

待つと出ないのね(´・ω・`)・・・・
いいよ、いいよ。自分で集めるyp!!!!!11!11!

/sh これから潜在WS後半行きたいと思います。
/sh 現在【片手剣】1武器追加@2
/sh 2PT程度で行こうと思います。失礼しました。


開始数秒で追加武器決tt(ry
【短剣】と【両手棍】になりました。
その後根気よく1時間程シャウトして【片手剣】3【短剣】2【両手棍】3お手伝い2となりました。
まずは片手剣行きましょうよ。

ここが面倒なんd
説明するのも面倒なので簡潔に。
西アルテパの端っこ各所にある4つのスイッチを押してアルテパゲートを開けてそこに入った奥がNMの場所、以上!!!
ちなみにスイッチは流砂洞を経由します(重量スイッチも幾つか完備)
イロイロ分かる人たちで考えながら行ったんですが




既に開いてたオチ
誰かが開けていてくれると30分は開いてるんです。誰か入ればあとは中から開ければいいのです。
全員入れましたけどw

で、popさせたのはサソリNM
デスシザースがナイトでも1000超えるとか言うバケモノです。
まあ忍さんに任せましたがw
難なく倒して修行の書ゲットー!
これでヒャッホイブレードは【私のもの】
ちなみにこれもテンパってSS撮るの忘れてたorz

次は短剣でグスタフへ
奥のほうで蝙蝠沸かせて倒す。
回避が高くてスシ喰ったのに全然当たらん。
スシ喰ってなかったらどうなってただろうかw
これも難なくクリアして短剣希望の方おめでとう!!

次。これ難所。潜在NMでもトップクラスだし、多分場所は間違いなくトップw
はい、両手棍は釜ですorz
ただ希望の方がしっかりと下調べをしていたのでとてもスムーズに進む事が出来ました。
こちらは骨です。ボムじゃなくて良かったなんて思ってませんyp
【ごめんなさい】【ウソ】
範囲吸収がゴッソリ持っていかれるそうで、後衛の殴りはナシの方向で。
まあ普通にクリアして希望の方おめでとう!


その後私はホラいただいてクリルラに報告。
クリルラの過去とクエのタイトルの意味がその時分かったり。
気になるなら戦士かナイトか赤魔道士か暗黒騎士上げ(ry
そしてやってきましたサベッジブレード会得!!


ジュノ近辺で試し撃ちしてやろうと。

あぁ、ヤバイ。

楽しすぎる

飽きもせずにずっと舞ってましたw
でこんな事もしちゃうわけで。




















バタフラーイ!!!!
ヒャッホ―――――イッ!!!
何を考えたかLSメンバからル・パピヨン送られてきたのでやってみた。
ある意味絵になるわwwwww
この後飽きもせずに1時間程ずっとやってました(/ω\)

苦労したかしてないかは別としていいですね。
羽付けて舞ってるエルナがいたらそれは私です。
スポンサーサイト



Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.